脇見恐怖症

脇見恐怖症の人はオフ会に参加してはいけない!!【時間の無駄使い】

この記事では、
脇見の症状に悩む人が
オフ会に参加してはいけない理由についてお伝えします。

脇見恐怖症は、
視線恐怖症の中でも
非常に珍しい病気です。

大変残念なことに、
医者の中でも
症状を理解している人は少ないです。

そのため、
同じ悩みに苦しむ者どうしで
集まろうとする人たちが存在します。

しかしこのオフ会は、
傷のなめ合いのような形で終わることがほとんどです。

ポジティブな効果を期待できることはありません。

本記事では、
脇見恐怖症どうしで
悩みを共有する危険性について解説していきます。

脇見恐怖症の人はオフ会に参加してはいけない!!【時間の無駄使い】

治療法が分からない者同士が集まっても意味がない

当たり前のことですが、
オフ会に集まる人は
治療法が分からなくて困っています。

医者に相談したり
ネットで克服法を探し求めても、
いまだに解決策が分かっていない者が集まってきます。

そのため、
本物の治療法について
有益な情報を得らことはできません。

読者の中には、
同じ悩みを共有することで
症状が和らぐと考える人もいるかもしれません。

たしかに、
人によっては、症状が少し抑えられる人もいます。

とはいえ、
一時的な効果にとどまり、
日常生活に戻ると元の状態に戻っていきます。

ほとんどの人は、
他人の悩みを聞くことで混乱が深まり、
症状の原因を探すのが難しくなっていきます。

コミュニティに心理的に依存する恐れ

オフ会に参加すると、
その場でのつながりに
心理的に依存するリスクがあります。

脇見恐怖症の悩みを
他人に打ち明けるのは、
非常にハードルが高いですね。

同じ悩みを抱える相手にしか、
正直に告白するのは難しいです。

そのため、
コミュニティに依存しやすくなります。

脇見の症状で苦しくなるたびに、
現実逃避の手段として逃げ込む場になってしまうのです。

逃げ込んだ先には、
克服の方法が分からず、
同じように苦しんでいる人達がいます。

悩みを聞いてもらうことで、
一時的には心が安らぎますが、
日常に戻ると症状が全く治っていないことに気づくのです。

オフ会に参加するのは、
人生の時間を無駄にしているといえます。

高額セミナーに誘導する詐欺師の存在

脇見恐怖症のオフ会には、
高額な治療のプログラムに誘う詐欺師が存在します。

筆者は過去に何回か
オフ会に参加したことがあり、
勧誘を受けた経験があります。

手口としては、
その集まりの場では連絡先だけ交換して、
後日に治療プログラムへの参加を誘われました。

料金は
90分で3万円程度。

ネット上で脇見恐怖症の治療法を調べてみると、
実績が不透明なカウンセラーが見つかります。

カウンセラーの中には、
専門的な資格を持っていない詐欺師が存在します。

詐欺師が狙うのは、
深い悩みを抱えていて、
周りに相談できる人がいないです。

脇見恐怖症に悩む人は、
詐欺師が狙うターゲットに完全に一致します。

オフ会で初対面の人に
治療のプログラムに参加することをすすめられたら、
十分に注意する必要があります。

本物の詐欺師は、
見分けるのが非常に困難です。

そのため、
オフ会に参加すること自体を避けるべきです。

騙されてしまうと、
人間不信が高まり、
脇見の症状がさらに悪化していくリスクが高まってしまいます。