視線恐怖症

オンラインカウンセリングに効果はあるのか【ケースバイケース】

この記事では、オンラインカウンセリングを受けた経験に基づいて、実際の効果についてお伝えしていきます。

ネット上でカウンセリングを受けようと考えている人にとって、最大の関心ごととは、『本当に効果があるのか』との疑問に尽きると考えます。

結論から先にいうと、ケースバイケースでして、抱えている悩みの種類によっても異なります。

とはいえ、カウンセリングを受ける上で最もベストな選択は、質の高い対面カウンセリングであることに変わりません。

同様の主張は、cotreeの代表の桜本氏も指摘しています。

カウンセリングは、基本は対面で。

あくまでも、対面カウンセリングを受ける余裕がなかったり、メンタルの調子が極めて悪くなる前の段階で、オンラインカウンセリングが最大限の価値を発揮するといえます。

本記事では、『優れた』臨床心理士の対面カウンセリングがベストである理由から、オンラインカウンセリングを受けるべきタイミングまで解説していきます。

『優れた』臨床心理士の対面カウンセリングがベスト

カウンセラーの技術は、有資格者の臨床心理士であっても、人によってピンキリです。

特別な教育を受けてはいますが、資格があるからといって、カウンセリングの質の高さを保証するものではありません。

医者の腕がピンキリであるように、カウンセラーの世界でも、人によって全く得られる効果が異なります。

残念なことに、優れたカウンセラーと比較すると、質の低い術者が多く存在することになります。

とはいえ、優れた臨床心理士のカウンセリングを受けるのには、いくつかのハードルがあります。

質の高い臨床心理士は極めて少ない

先ほどもお伝えしたように、カウンセラーの数が増え続けている一方で、質の高い臨床心理士の存在が貴重になっています。

実際に対面カウンセリングを受けてみないと、質の違いを知ることができないので、お伝えしづらいどころではあるのですが。。

また、カウンセリングの効果は、相性や心の状態によって得られるものが変わってくるため、評価しづらい側面があります。

そのため、本当に自分に合った質の高いカウンセリングを受けるためには、時間と労力をかける必要があります。

カウンセリングを受けるまで時間がかかり過ぎる

質の高いカウンセラーは、口コミで評判になり、予約で一杯であるケースが多いです。

一部の優れた術者に、多くの人が集まる構図があります。

そのため、悩みを抱えていてすぐにでも相談したいのに、カウンセリングを受けるまで時間がかかり過ぎてしまう問題があるのです。

オンラインカウンセリングはメンタルが悪化する前に利用するもの

対面でのカウンセリングより効果が得られにくいのは事実です。

ではオンラインカウンセリングの位置づけは、どのようなものでしょうか。

大前提として、メンタルが悪化する前に利用するものと考えるべきです。

もちろん、心の調子が悪化していき誰にも相談できないケースでも、有用なものになりえます。

悩みが深過ぎたり、対面でのカウンセリングに恥ずかしさを感じる人は、オンラインで相談するころから初めてみてみるべきです。

とはいえ、このまま悩みを抱えていると、心のバランスを崩してしまいそうに感じる人が最も活用すべきサービスです。

不安な気持ちを、できるだけ早く信頼できる人に話すことで、悩みが深刻化するのを防ぐことができます。

いつでもどこでも頼れるのは大きな心の支え

オンラインカウンセリングの良い点は、相談したいときにすぐに悩みを話せる相手がいる安心感を得られることです。

孤独に悩んでいても、より問題を複雑にしてしまい頭がごちゃごちゃしてしまいます。

カウンセラーに相談することで、頭の中が整理されていき、未来に対してやるべきことが明確になっていきます。

今現在、誰にも悩みを相談できない状況であれば、オンラインカウンセリングの利用を考えてみるべきです。

オンラインカウンセリングは、口コミをもとに累計の利用者数が1万人を超えているコトリ―(cotree)を利用しました。

国内で最も高い実績があるため、最初に利用するのであれば、こちらで良いかなと感じます。

オンラインカウンセリングのおすすめサービス3選【2019年】2019年時点でのオンラインカウンセリングのおすすめを知りたい人向けです。 カウンセリングルームに行くかわりに、自宅で気楽にオンラ...