脇見恐怖症

【診断】脇見恐怖症度チェック

自分が脇見恐怖症であるか確認したい人向けです。

脇見恐怖症は、視線恐怖症の一種と考えられていますが、明確な定義がありません。

視線の悩みの中でも珍しい症状でして、経験豊富な臨床心理士でさえ、良く理解していないのが実態です。

本記事を読むことで分かること

  • あなたが脇見恐怖症に当てはまるか
  • 脇見恐怖症を克服する上で重要なこと

この記事を読むことで、あなたの脇見恐怖症度をチェックすることができます。

また、脇見恐怖症を克服する上で、最も重要なことについても、解説していきます。

【診断】脇見恐怖症度チェック

これから、脇見恐怖症にあてはまる特徴を、5つお伝えしていきます。

全てに当てはまったからといって、脇見恐怖症であるとは限りませんが、一つのものさしと考えて下さい。

例えば、症状に悩んでおられる方は、対人恐怖症強迫性障害を同時に発症しているケースもあります。

そのため、あくまでも1つの目安として読んでいただけたら幸いです。

1:見たくなくても見てしまう

脇見恐怖症の人は、人の顔がある方向を見たくなくても見てしまいます

強迫観念にとらわれているような感覚におちいってしまい、一度気になる方向を見てしまわないと、思考を切り替えることができません。

とはいえ、他人に視線で迷惑をかけていないか心配であるため、自然に他人の顔を見るのが難しいです。

その結果、中途半端に他人を確認して動きがぎこちなくなることで、視線のストレスからなかなか抜け出せなくなります。

2:特定の人を意識してしまう

症状に悩む人は、特定の人の視線だけ意識してしまいます。

脇見をしてしまう人と、症状が表れない人がはっきり分かれていきます。

気にしてしまう人の特徴は、『嫌われたくない』と考えている人や、逆に『好かれたい』と意識してしまうことです。

いずれにせよ、特別な感情を抱いている人を意識してしまいます。

例えば、思春期に症状が表れた人は、学校の教師に脇見をしてしまうケースが多いです。

職場ですと、苦手な上司や同僚相手に症状が表れやすくなります。

3:一度気にしてしまうと集中力を取り戻せない

脇見恐怖症のやっかいな点は、一度視線について気にし始めると、なかなか思考の切り替えができなくなることです。

集中力を取り戻すためには、脇見をする相手が視界からいなくなったり、自分自身がその場所から移動する必要があります。

そのため、学校や職場で身動きができない環境下で、脇見の症状が表れてしまうと地獄です。

4:視界に人の顔があると視線をコントロールできない

脇見恐怖症の人は、視界に他人の顔があると、自分の視線をコントロールしにくくなります。

なぜなら、過去のトラウマを思い出して脇見をしてしまわないか心配になり、冷静になれなくなるためです。

たくさんの人に顔が見られている状況下では、脇見の症状がさらに悪化していくため、非常に大きなストレスを感じることになります。

5:他人の咳払いなどが気になる

脇見恐怖症に悩む人は、自分の視線によって、他人に迷惑をかけていると思い悩みます。

なぜなら、一部の視線に敏感な人には、脇見の視線が気づかれてしまうためです。

ほとんどの人は、脇見の視線について何も反応しませんが、一部の敏感な人を刺激してしまうことになります。

そのため、他人のせき払い鼻すすりが異常に気になるようになり、社会生活が極めて困難になります。

脇見恐怖症を克服する方法

脇見恐怖症を克服するためには、心理カウンセラーに診断を受けてもらうのが大前提となります。

なぜなら、さまざまな要因が複雑にからまっていて、自分だけで克服を目指すのは難しいためです。

また、思い悩むほど心に大きな負担がかかり、脇見の症状が悪化してしまうこともあります。

そのため、克服するまで定期的に通えるカウンセラーを見つけることをオススメします。

カウンセリングに行くのが難しい人は

対面カウンセリングを受けるのは、心理的にハードルが高い人もいるかと思います。

ましてや、脇見恐怖症の悩みは、人に話しにくいのでなおさら難しいと思います。

対面で悩みを伝えることにハードルの高さを感じる人は、cotreeのオンラインカウンセリングをおすすめします。

日本では、オンラインカウンセリングの登録者数が一番ですので、安心・安全なサービスといえます。

通話によって相談できるサービスから、悩みを『書く』ことでも相談できます。

初めての方には、『書く』カウンセリングをオススメします

自分とじっくり向き合い文字にして相談することで、視線の悩みの正体がはっきり分かるようになります。

そして、専門カウンセラーとのやり取りを通すことで、実際にどのような行動をすれば良いのかクリアになっていきます。

【公式サイト】⇨いつでも、どこでも、安心できるオンラインカウンセリング【cotree】